パイゴウポーカー ルールにはブタは無い様子

  • 投稿日:
  • by

聞いた事がない名前でしたが、パイゴウポーカー ルールは知ってるやつと似てたから、違和感なく遊べました。

配られるカードが7枚であったり、それをハイ5枚とロー2枚に分ける点は、慣れるまで時間がかかるね。

さらにパイゴウポーカー ルールでは、両方ともディーラーを上回らなければ、勝ちにならない為、めっちゃ苦労した。

特に片方だけ勝っても引き分けになる為、悔しい思いを何度も経験。

しかしパイゴウポーカー ルールには、いわゆるブタがなく、ノーペアの場合には強いカードを持っている方を優位とされ、作戦を立てやすかった。

エースとジョーカーとで作る、ファイブ・オブ・ア・カインドという役をディーラーにやられた時は、本当にビックリ仰天。

自分の役がストレートフラッシュで自信満々だっただけに、衝撃的すぎ目眩が・・・・。とんでもないパイゴウポーカー ルールの洗礼を受けたね。

結局ファイブ・オブ・ア・カインドで負け、ややトラウマを植え付けられるも、再度挑戦中。